藤田皮膚科ブログ

アトピー性皮膚炎の全身療法~2.ホルモン剤の内服について~

寒い日が続きますね。 内科や小児科、耳鼻科などでは大混雑の毎日ですが、 冬の皮膚科は夏よりずっとすいています。 特に2月は底になります。 とはいえ、専門医ふたりで診察させていただいているせいでしょうか、 今年の冬は少し例年に比べて多めです。 乾燥肌、それに伴うかぶれ、しもやけ、帯状疱疹、水いぼなどなど。 特に夕方は混み合いますので、 早めにお越し下さい。 前回はアトピー性皮膚炎の治療の基本になる外用療法、 紫外線を当てる「中波紫外線療法(ナローバンドUVB)」について 説明いたしました。 「お薬を塗るのだけど、頑張って塗ってもこれ以上よくならない。 紫外線も当てたら良さそうなんだけど、 仕事が忙しくて、月に何度も通院できそうにない。」 そういう患者さんにはホルモン剤の内服、 またはシクロスポリンの内服を勧めています。 (もちろん、入院していただいて みんなで手分けをして外用剤を1日3回塗れば、 まず確実に1週間できれいに治ってしまうのですが、 家庭で塗る場合には残念ながら限界があります。) ホルモン剤の内服は、膠原病、薬疹の治療などでよく使われます。 体内で生産されている「副腎皮質ホルモン」を、 自前で生産する分の数倍の量で内服していきます。 すると、炎症を起こしている細胞を抑えることができるため、 湿疹が目に見えて減ります。 アトピー性皮膚炎では、膠原病などよりはずっと少ない量で コントロールが可能です。 この治療法の最大の利点は、「コストパフォーマンス」 それまでの塗り薬中心の治療+アルファの治療費で、 今までとは比べ物にならない症状の改善が見られます。 デメリットは、副作

アトピー性皮膚炎の全身療法~1.紫外線療法について~

前回は近年のアトピー性皮膚炎を取り巻く状況について簡単にまとめました。 アトピー性皮膚炎の患者さんは、長い経過になると、「もう治ることはない」 と思っていしまいがちですが、そんなことはありません。 日本皮膚科学会のホームページでも、次のように記されています。 「患者さんが次のような状態になることを目標にします。 症状はないか、あっても軽く、日常生活に支障がなく、薬物療法もあまり必要としない。 軽い症状は続くが、急激に悪化することはまれで、悪化しても持続しない。 そして、このような状態を維持することで、病気を苦にすることなく、楽に生活できることが期待されます。」 当院では特別な治療をしているわけではありません。 ガイドラインに基づいて、日本中どこでもやっている治療を提供しています。 まずは「しっかり塗ること!」 体中盛り上がって汁が出るようなひどい発疹で患者さんでも、入院して1日3回(ここ大事)ホルモン剤をみんなで手分けして塗ると、1週間で見違えるようにきれいになります。おうちの掃除をしっかりしてもらってから、試験外泊をして、悪化がないことを確認して退院します。退院後もひどくならないように薬を塗ってもらいますが、以前よりもずっと楽な状態を保つことができます。 入院が可能な患者さんは、近くの病院に紹介させてもらいます。 でも、ひどい発疹の人誰しもが入院してもらえるわけではありません。 仕事が忙しい、お金がかかる、などの理由で、 外来通院でコントロールしなければならない患者さんもあります。 ガイドラインでは1日2回の外用を推奨しています。 1日1回塗る人と、2回塗る人では明らかに

アーカイブ
タグ

© 2014 藤田皮膚科 Wix.comを使って作成されました。
 

地図
Access map

086-264-5840

Tel