夏こそ洗い過ぎないで!

災害レベルの暑さが

日本列島を襲っています。

熱中症にならないように

夜も冷房をしっかりかけて

過ごしてください。


夜間に汗をかくことで、

脱水になっています。

スポーツドリンクや、

野菜ジュースなどで、

体に水分をいきわたらせてから、

学校や仕事に出かけてください。


「あせもでしょうか」

よく聞かれる質問です。

急に暑くなってから、

確かに汗をかきやすい

首筋やひじの内側などに、

湿疹が出ている人が

増えているようです。


湿疹を掻いたり、

お風呂でこすったりすると、

お肌に細かい傷がついて、

汗が当たるとチクチク

かゆくなったりするので、

「汗が悪い?→しっかり洗い流そう!」

と思いがちです。


ところが、

汗を落としてしまうことで、

皮膚を守る大事な保湿成分も

一緒に流れて行ってしまいます。

また、汗をかいたところの

角質はもろくなっているので、

丁寧に洗ってしまうことで、

更に傷を増やすことに

なりますから、汗をかいて

かゆくなってしまったところほど、

ほかのところより

優しく洗わなければなりません。


石鹸などは最小限にして、

お湯で流す程度を基本として、

汗を半分残すぐらいの洗い方が、

「いい加減」な洗い方です。

毎日お風呂に入って

いらっしゃるようでしたら、

時には入浴をパスして、

蒸しタオルで浮いてきた汗を

拭くだけの日を作ってみるのも

いいでしょう。


汗をかく暑い夏、

さっぱりしたい気持ちは

山々なのですが、

気持ちよく洗ってしまうと、

お肌のためには

逆効果のこともあります。

こんな時こそ、

ボディソープや

ナイロンタオルは控えて、

シャンプーも5~10倍に

薄めてみてください。

しつこい湿疹がそれだけで

治ってしまうかも!


「弱った皮膚にはより優しく」

まずは試してみてください。

それでも治りにくい

湿疹、カブレがあれば、

悩まずおいでください。

いつでもお待ちしています!




お知らせ