藤田皮膚科ブログ

開院40周年を迎えました。

暑い日差しが照りつけるかと思えば、 朝夕は肌寒かったりして、 体調を崩しがちな今日このごろですが、 いかがお過ごしですか? 6月といえば、梅雨。 6月7日現在、東海・関東から北陸・東北までは 平年より早く梅雨入りしたそうですが、 近畿・中四国・九州北部はまだのようです。 憂鬱な季節ですが、ちょっと嬉しいニュースがありました。 当院が1979年に開院して、40年が経ちました。 最初の頃から来られている方のカルテは、 ずいぶん分厚くなっています。 当時小さなお子さんだった方が、 成長されて子供さんを連れて来られたりすると、 わけもなく嬉しくなったりします。 この6月から、新たな10年に入りました。 40年の間に、患者さんの意識も、 日常環境も少しずつ変化しています。 治療の方法も様々な選択肢が登場し、 悪くしないようにという、 以前の消極的なものから、 より根治に近い、健康な状態を保つような治療に変化しています。 変化するものには対応しなければなりませんが、 皮膚のトラブル、悩みで受診される患者さんの気持ち、 それを治したいという我々の気持ちは同じです。 建て替えも8月中旬のリニューアルオープンに向けて順調に進行中です。 皆さんがより快適に生活できるよう、 心機一転、スタッフ一同お手伝いさせて頂ければと思っています。 工事でご迷惑おかけすることもあるかもしれませんが、 駐車場も確保していますので、 引き続き、よろしくお願いいたします。 ところで、 湿っぽい日が続くと、水虫の発生を許しやすいです。 当院では、皮膚の検体を極力取らせてもらって、 顕微鏡で真菌検査を施行し、 白癬菌を見つ

アトピー性皮膚炎の全身療法 ~4.デュピクセント注射について~

ゴールデンウィークも終わり、 強い日差しに汗ばむことも多くなりました。 木々の枝葉が伸びて青葉の色が次第に濃くなり、 それを食べる毛虫やその他の虫たちも ”五分の魂”を謳歌するかのように、 徐々に勢いを増してきます。 たかが虫刺され、されど虫刺されです。 お出かけの際にはお気を付け下さいね。 (ブログ過去記事『虫にさされる前に』をご覧ください。) 夏に悪化するアトピーの方も多くおられます。 以前、アトピー性皮膚炎の全身療法について、 まとめたことがあります。 ~1.紫外線療法について~ ~2.ホルモン剤の内服について~ ~3.シクロスポリン内服について~ それぞれ有効な治療ですが、一長一短があり、 何より、効果は一時的なことが多く、 治療を中止すると速やかに再燃することが多い、 ということが難点でした。 この春から登場したアトピー性皮膚炎の治療のための注射薬、 デュピクセント。 15歳以上で、 いままでの治療で十分の効果が得られなかった患者さんが、 この薬を使うことで、症状の改善が大きく期待できます。 デュピクセントを用いたアトピー性皮膚炎の治療は、 当院でも行っています。 「注射したその日から、かゆみがなくなった」 といわれた患者さんも多いです。 初回では効果の感じにくかった方でも、 数回注射する間に、徐々に効果が現われてきています。 (効果が感じられなくても4か月までは注射を継続することが推奨されています。) アトピー性皮膚炎の機序のより根本に近いところで症状を抑えることから、 より根治に近いコントロールが期待できます。 しかしながら、大きな問題点があります。 非常に高価な

アーカイブ
タグ

© 2014 藤田皮膚科 Wix.comを使って作成されました。
 

地図
Access map

086-264-5840

Tel