手荒れと手洗い


寒の戻りも少し和らいで、いよいよ3月。

卒業、入学などであわただしい季節、のはずが、

まさかの春休み前倒し!

新型コロナと相まって、

花粉の飛散もそろそろピークとなり、

「しっかり手洗い、うがいを!」

と、耳にタコできるほど聞かされる毎日です。

このCOVID19、元気な人は、

感染しても少しの症状が出るか、

まったく症状の出ない人が大半だそうです。

つまり、症状なくても、

「自分はウイルス陽性かもしれない」と思って、

注意して生活することが一番の感染拡大の予防になる、

ということですね。

まずは慌てずに、良く寝てよく食べること!

(でも暴飲暴食は避けてくださいねw)

過度に心配することなく、落ち着いて、

普通の生活をすることが大事です。

(FB友達の先生からシェアした画像を添付しています。

ほっこりした感じが伝わってきて気に入っています。)

そうでなくても手荒れをしやすい時期、

まじめな方ほど、しっかり手洗いしすぎて、

手が切れたり割れたりするぐらい、

手荒れをひどくして来られます。

ところで、正しい手洗い、ってどんなのでしょう?

この先生、初めて知りましたが(笑)

手洗いの仕方を丁寧に教えてくださっています。

まとめると、

① まずしっかり水で洗う(99%のウイルスや細菌は除去できる)。

② ハンドソープを左手の掌に2プッシュ出して、

右手の指先を浸すようにして洗う。

③ 左手の掌のハンドソープを右手の掌に移して、

左手の指先を同様に洗う。

④ 手の甲を洗う。指の間も丁寧に洗う。

⑤ 掌をこすり合わせた後、

  親指、人差し指の付け根をねじるように丁寧に洗う。

⑥ 両方の手首を洗う。

⑦ 流水でよく濯ぐ。

ということです。

このやり方、手の丈夫な人にはお勧めですが、

手荒れをしている人はハンドソープがしみこんで、

さらに湿疹を悪化させてしまい、

かえって食中毒などの感染の原因になりかねません。

そこで、私がお勧めするのは、

上の手洗いの順番を変えて、

①→④~⑦と流水だけで洗った後、

②③を行うことです。

全体に洗剤を行きわたらせずに、

指先だけハンドソープで洗うのです。

こうすれば、最もウイルス・細菌の多い指先を滅菌消毒し、

手全体のウイルス・菌もほとんど取り除きながら、

手荒れを最小限にすることができます。

あなたの手を守ることは、

あなたとあなたの身近な人の生活を守ることです。

新型ウイルスが来たからって、

慌てることはありません。

過ぎたるは及ばざるがごとし。

洗いすぎにならないように気を付けて、

寒いシーズンを乗り切ってくださいね。

春は、もうすぐそこまで来ています。

お知らせ
アーカイブ
タグ

© 2014 藤田皮膚科 Wix.comを使って作成されました。
 

地図
Access map

086-264-5840

Tel